たけまる通信 カンダタ月へ行く 忍者ブログ
[1311]  [1310]  [1309]  [1308]  [1307]  [1306]  [1305]  [1304]  [1303]  [1302]  [1301

大盗賊の伝説 第3話「カンダタ月へ行く」

受注条件
大盗賊の伝説 第2話をクリアしている
場所
ダンダダ団アジト(プクランド大陸)
依頼主
ボラオ
クリア報酬
ビンゴ券×5


ダンダダ団アジトにいる“ボラオ”に呼び出され、カンダタがオルフェアの町のビッグホルンで待っているという話を聞いた主人公。ぺリポンが改造したビッグホルン、充電が完了したガンガン電池……。果たしてカンダタと主人公は本当に月へ行けるのか?!





オファーはいつものオルフェア西のダンダダ団アジト

受けるとオルフェアのビックホーンへ行けと言われます。


ビックホーンを調べると、第2話で改造が済んだので月に行けます?!

なんでやw

酸素とかどうしたんだw

つーかドラクエ史上初の月面かw

月面行くのはFFに任せてそういうのやめようよw

まあそういってるとクリアできないので進めると、なぜか月面には町があって普通に会話できます。

言 語 共 通 で す か ? w

もう何でもありだなw


町の1番奥の階段の奥にいるこいつと話すと、外にいる敵を倒して「インベジウム」10個持って来いとか行ってきますので、外にいくことに。

外に行くと下界よりサイズがやや大きい敵がいます。

名前を見ると、コスモグール、コスモスライム、コスモアイ・・・・・・・

んで、ガルゴルの色違いの

スペースデーモン、スペースデビル ・・・・・・w

安 易 過 ぎ る だ ろ w

しょうがないから10匹ほど見破るもして倒して、再びさっきのやつのとこへ。

これでワープ装置が使えるようになり、奥の建物へいけるようになります。

しーーかし、後日チームメンのヘルプで再びここを訪れた際には、このワープが通れなくてヘルプできず。

これ、ヘルプのときはリプレイしないと無理なのか?w

色々試しが、通れずにやもえずにリプレイしてやっと建物のとこへ。


構成、僧侶80武道家80僧侶80 道具使い80



そんなこんなでようやくボス戦。

boss:レプティリアx2
HP約7500
侵入者ロックオン(前方範囲直線状に500以上ののダメ)
ダメージバリア(被ダメージ2割程度減)
電流駆除システム(範囲攻撃150位のダメ+麻痺)
切りキザム(範囲攻撃150前後ののダメ)
撃チマクル(対象範囲ランダムで通常の0.8倍×4のダメ)

厄介なのが侵入者ロックオン

まともに食らうと複数が戦闘不能になるので、直線上に複数立たないようにバラけて戦いました。

範囲攻撃が多めなので、僧侶2枚体制で万全です。

麻痺耐性があると楽でしょうか。

まあ、戦ってみると思いのほか弱く、僧侶2枚じゃなくてもおそらく余裕だったでしょう。

ただ回復2枚のほうが格段に安全なので、芸人や賢者を入れても問題はなさそうでした。


報酬 ビンゴ券5枚、名声72+経験値21600orスタンプ44

拍手

PR
Copyright (C) 2002 2013 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved. 当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。 無断コピー等は禁止です
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール

名前 たけまる
 
出身地 ウィンダス港 
住所 カーバンクルサーバー 
  				
FFめにゅ-



ヴァナディール漫遊記
ストンガ通信 

BCNM@ちーむストンガ
花鳥風月
ち~むストンガあほあほ列伝
アビセア漫遊紀
ダメイジャンの試練
ヴァナディール世界紀行
アサルト見聞録
みっしょんとくえすと
ヴァナディール百景

カルチョ
最新コメント
[10/28 もぐ]
[10/28 もぐ]
[05/24 もげ]
[04/22 おまえのうんこは血便だ]
[01/08 うんこなげ]
[01/08 たけまる]
[01/08 おまる]
[01/08 つれうんこ]
[01/08 うんこやろう]
[06/29 高須]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 8 10 11
12 13 14 15 16
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新TB
カウンター
バーコード
アクセス解析
------------------------------------------------------------
忍者ブログ [PR]