たけまる通信 ヴァナディール世界紀行 忍者ブログ
目の院の前院長。
魔法学校開設以来の天才。
全単位をわずか1年で習得するほどの天才。
その後、天の塔地下にあるトライマライ水路に開設した
第6の院「心の院」に篭り、召喚魔法の研究をする。

クリスタル大戦時には、ウィンダスを総攻撃する獣人軍によって
首都陥落寸前の時、召喚魔法を駆使して獣人軍を壊滅に追いやる。
しかし、代償はあまりにも大きく、
カラハバルハは死亡し、サルタバルタは生態系が一変するほどのダメージが残り、
ホルトト魔法塔は魔力を失うなどしたために、
星の神子は召喚魔法を禁断の魔法とした。

石の区には、隠居したカラハバルハの宅邸が今も空家として残っており、
英雄の家と呼ばれているが、
時折、無人の空家から物音が聞こえてくるために、
子供達(スターオニオンズ団)が「オバケの家」と呼び、
探索しているとか。



Karaha-Baruha:星の神子さま。私を信じて下さい。
 必ず、ウィンダスは滅びの運命から
 逃れることができるはずです。

拍手

PR
Copyright (C) 2002 2013 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved. 当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。 無断コピー等は禁止です


口の院院長。
ウィンダス連邦の最強の魔道士団長。
手の院の前院長のゾンパジッパの息子。
手の院の院長アプルルの兄。

天才ガラハバルハに憧れ、
ガラハバルハ同様魔法学校卒業してすぐに院長職に就任。
連邦の黒い悪魔シャントットの弟子。
シャントット曰く、
「ちょっとやそっとじゃ死なないように鍛え上げた」
とのこと。

20年前のクリスタル戦争で多くの有能な魔道士たちが死に、
次の若い魔道士たちを育てることもままならなず、
戦力不足になったウィンダスを憂い、
禁断の魔法となった召喚魔法を探し始め、
大召喚士カラハバルハの研究室を探している。

戦いを恐れるばかりで、弱腰外交の元老院とは違い
あふれる魔力で強い態度でヤグード達に接する。
ヤグードの本拠地オズトロヤ城の最上階では、
ヤグードハイプリーストを、
歩きながら詠唱無しで片手で消滅させるほどの魔力の持ち主。


Ajido-Marujido :下がれ!
 私はウィンダス口の院、魔道院の院長アジドマルジドだ!

拍手

Copyright (C) 2002 2013 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved. 当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。 無断コピー等は禁止です


「連邦の黒い悪魔」ことウィンダス連邦の口の院の前院長。
現ウィンダス連邦政府元老院議員首席。
その魔力は現院長アジドマルジドを子ども扱いにするほど上回り強大。

魔法学校卒業と同時に、コネと誇大な魔力で院長の役職につくも、
前院長暗殺未遂事件など数々のトラブルを引き起こし、
国外追放になるが、前院長が獣人によって落命すると、
強い世論の後押しで復帰する。
20年前の激動のクリスタル大戦時には
魔道士団を率いて数々の武功をあげた希代の黒魔道士
白魔法のホーリー、古代魔法のトルネドを
数秒で連続詠唱するまさに悪魔。



「あら! わたくし、ブチ切れますわよ!?
オーホッホホホホホ!!!」

噂では伝説の大召喚士「カラハバルハ」に
ホの字だったらしいとかw

Shantotto「……ぶっ壊す!」「……ぶっ殺す!」

拍手

Copyright (C) 2002 2013 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved. 当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。 無断コピー等は禁止です


ウィンダス名物の三博士の一人。
魔法人形の製作・改造の第一人者
耳の院の前院長であり魔法学校の校長であった。
現任の耳の院長セーダル・ゴジャルが行方不明の為、
魔法学校長代理、耳の院長代理となっている。

復職はしたものの、本意ではないらしく、
むくれて石の区の隠居庵に篭っている。
石の区の宅邸は院長を隠居した博士に賃与されているため、
立ち退きを迫られているらしいが、
無視して勝手に住んでいる模様。

夢想家で、周囲の声が耳に入っていないこともしばしばあり、
骨工ギルドの借金を踏み倒してたり、
鼻の院の予算を勝手に使い込みしたりする困り者。
文通相手のモジジちゃんに恋している。
しかし、モジジちゃんと言うのは、行方不明の現院長らしいw

Koru-Moru : うう……、何か用か……?
 ワシは、今、絶望という名の列車に乗って、
 限界という名の壁に当たって砕けろなのだ。
 このままでは、ワシはきっとシャントット博士に……

拍手

Copyright (C) 2002 2013 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved. 当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。 無断コピー等は禁止です
カラハバルハ
星の神子より絶大なる信頼を得ていた彼は、
しかし、現神子が見てしまった亡びの予言を回避するべく
神子さまから、神々の書の閲覧を許るされ、そこからいろいろなことを研究していた。

ウィンダスを亡びの予言通りにさせないためには、
初代の星の神子リミララが詠んだ月詠みの予言を破棄するしかない。
しかし、それは月の意志であるフェンリルを殺すこと。
星月の加護で成り立っているウィンダスは、加護そのものを失えば、
亡びの予言を回避できても、国家が衰退し、いずれ滅亡してしまうことになる。



天才カラハバルハは、ウィンダスを亡びの予言による危機から救い、
新しい契約を結び、星月の加護を得る方向を考えた。
それを実行するためには、いくつもの秘策をめぐらせ、用意周到な準備を怠らないようにしなければならなかった。
そのためには、以下の手の院の禁術を使わざるをえなかった。

無機物(カーディアン)に「命」と「意思」を与える魔法には重大なる決まりがある。
「魔法をかけた術者が死んだら、その魔法は切れる。」
そして、
「死んだ無機物を生き返らせてはならない。生き返らせたならば
 死した術者も「死の虚無」から呼び戻される。


これを利用し、1度フェンリルを殺した後、カーディアンを生き返らせることにより、
フェンリルを復活させ、再び新たな契約をし、新しい星月の加護を得ようというものだった。

カラハバルハは、手の院の当時の院長のゾンパジッパに、
「魔法塔に特別な魔導器を作るために、強くて賢いカーディアンを何体か貸してくれ」
と言い、
ゾンパジッパは、エースカーディアンに、カラハバルハも主人として言うことを聞くように設定した。
カラハバルハは、エースカーディアンを手本に技術を盗んで、
「ジョーカー」を作った。
そして、エースガーディアンたちの主人をジョーカーに設定した。

そして、フェンリルを1度殺すために、究極の召喚魔法、
完全召喚を神々の書より研究して編み出した。
これは通常の召喚魔法と違い、神獣の力の1部を借りる召喚ではなく、
神獣と精神をリンクし、神獣の能力すべてを召喚し、操ると言う魔法。

ただ、誰が1度機能を停止したカーディアンを再起動させるか。
それをジョーカーを主人に設定することで、エースカーディアン達にさせようとした模様だ。

そうした準備をしてた時、
闇の王率いる獣人軍団との間で、クリスタル戦争が勃発したのだった。

拍手

Copyright (C) 2002 2013 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved. 当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。 無断コピー等は禁止です


「教えて……カラハバルハ……。
 ……私を助けて……カラハバルハ……。」


それははるか遠い昔。
初代星の神子リミララは、ウィンダス周辺に点在する魔法塔に迷い込み、
そこで「魔法」発見し、会得した。
約束の地で暴れていた荒ぶる獣(霊獣フェンリル)を、
満月の泉に見いだして、これを鎮めた。
そして、大いなる霊獣フェンリルの力を借りて、
満月の泉で、星月の力を借りて願いを実現させる儀式を行い、
数々の予言を残した。
これを「月詠み」といった。
こうして行った残した予言は天文泉に記録され、
歴代の星の神子が「星読み」でその予言を読み取り、
それを実行することでウィンダスを統治してきた。
だが始まりがあれば終わりもある、、、、、、

そして今から20年前、現在の星の神子が星読みで
「滅び」の予言を見てしまう。

そもそも歴代の神子は、この初代の神子の繁栄の予言に頼って統治してきたので、
確たる信念を持って政を行ってきたわけではなかった。
現星の神子は恐れ、狼狽し
最も頼りにしていた天才魔道士カラハバルハにすがり助けを求めた。

「星の神子さま。私を信じて下さい。
 必ず、ウィンダスは滅びの運命から
 逃れることができるはずです。
 神々の書が、私にあらゆる知識をくれました。」


そう言って、カラハバルハは、
トライマライ水路にある第6の院「心の院」で
ウィンダスを救う計画を練り始めた。

拍手

Copyright (C) 2002 2013 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved. 当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。 無断コピー等は禁止です


ミンダルシア大陸の南方や、その近隣の島々に住む小柄な民
タルタルの諸部族が連合して成立させた連邦国家。
「天の塔」と呼ばれる神殿に住む神子の信託を元に、
諸部族の代表の名残である、各分野の博士達の合議で治められている。

街の一角には、タルタル族と友好関係にあるミスラ族が暮らし、
天性のハンターである彼女達の狩りの技が、
この都を一層豊かなものにした。

天晶862年(約25年前)に闇の王率いる獣人軍団とクリスタル戦争がおき、
4国連合軍と闇の勢力との全面戦争となる。
ウィンダスはヤグード軍団に
サルタバルタまで攻め込まれ滅亡寸前まで行くが、
カラハバルハの完全召喚魔法でこれを壊滅する。
この完全召喚魔法の威力のすごさのため、
カラハバラハは死亡し、神々の書は紛失、
ウィンダス市街は、見る影もなく荒れ果てたが、
今では街全体が魔法研究機関として機能する学術都市として、
見事な復興を遂げている。

なお、星の神子は、召喚魔法を禁止し、
完全召喚で魔力が失われたホルトト魔法塔は立ち入り禁止に
サルタバルタのギデアスにいるヤグードとは
不可侵条約を結び、平和を保っているが、
以前として火薬庫状態には変わりない

拍手

Copyright (C) 2002 2013 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved. 当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。 無断コピー等は禁止です
プロフィール

名前 たけまる
 
出身地 ウィンダス港 
住所 カーバンクルサーバー 
  				
FFめにゅ-



ヴァナディール漫遊記
ストンガ通信 

BCNM@ちーむストンガ
花鳥風月
ち~むストンガあほあほ列伝
アビセア漫遊紀
ダメイジャンの試練
ヴァナディール世界紀行
アサルト見聞録
みっしょんとくえすと
ヴァナディール百景

カルチョ
最新コメント
[10/28 もぐ]
[10/28 もぐ]
[05/24 もげ]
[04/22 おまえのうんこは血便だ]
[01/08 うんこなげ]
[01/08 たけまる]
[01/08 おまる]
[01/08 つれうんこ]
[01/08 うんこやろう]
[06/29 高須]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 4 5
8 9 10 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新TB
カウンター
バーコード
アクセス解析
------------------------------------------------------------
忍者ブログ [PR]