たけまる通信 バイオハザード~アンブレラ・クロニクス~のレビュー 忍者ブログ
[440]  [303]  [371]  [99]  [98]  [144]  [143]  [97]  [96]  [302]  [301
バイオハザード~アンブレラ・クロニクス~のレビュー
Wii カプコン



バイオ4が激しく楽しめたので、クロニクスも購入。
本編バイオと違ってレール移動のガンシューティングだが、
結構良く出来ていてかなり楽しめた。

バイオ0の黄道特急事件からバイオ1の洋館事件、3のラクーンシティ壊滅と
そしてオリジナルシナリオのアンブレラ壊滅の4つの部隊で構成。
1つのお話に3つのステージがあり、4x3とそれと外伝のシナリオで
ウェスカーやエイダのお話とレベッカのサイドストーリーなどもあり、ボリュームはそれなりにあった。
(2と4とベロニカは無い)

爽快感極まる4と比べ、難易度は高めと言うかゾンビが硬い。
ヘッドショットの判定もかなりシビアで、熟練が必要。
ハンドガンだとかなり弾をぶち込まないとゾンビすら倒せない。
武器改造も一応あるが、その程度ではまったく楽にならない位に硬い。

バイオなので無制限に弾薬が有るわけではなく、途中で拾うのは本編と同じ。
最初のバイオ0のところは弾数がきついが、洋館へ行く頃は楽になってくる。
1ステージクリアすると残った弾薬は次へ持ち越せるためだ。
そのため強い武器が手に入ったら改造をして、楽なステージで弾薬を稼ぐなどすると楽になる。
照明や調度品、扉といったものが破壊可能で、それらを壊すと弾薬、手榴弾、武器やファイルなどが入手可能。
ファイルはそのステージにあるすべてを取るとクリア時に査定となり、
集めてると本編同様各種事件や人物などの詳細がわかるようになってる。

集めたファイル数やヘッドショッドの数、倒した敵の数やクリア時間等などからランクがあり、
難易度ハードモードでオールステージでオールSを取ると弾薬無制限が手に入る。
はっきり言ってかなり厳しい条件。
相当やりこまないときついw

ウェスカーやエイダのサイドストーリーはまあおまけ程度、わりと楽しめるが。
バイオ0~3のステージは、ストーリー的に当然だがかなり端折ってある。
ガンシューティングなので、特段問題もないが、未経験者だと意味が解らない無いだろう。
オリジナルのアンブレラ壊滅は、正直期待はずれ。
あっさりしすぎてるし、所詮ガンシューティングでその全貌をやろうというのは無理がある。
つまらない訳ではないが、4へのストーリー的流れもいまいちで、
後から付け足した程度のおまけな感じ。

ゲームキューブ版のバイオ0やリメイクの1からの流用も多いが、内容的には手抜きではないし
全ステージクリアまで20時間近く掛かっており、かなり楽しめた。

惜しむべきはクリア後のおまけ(コスチュームなど)がバイオにしては殆ど無く、
期待の無制限弾薬の条件がきつすぎること。
難易度は高めだが弾薬を確保するなどして、イージーモードでやれば挫折するほどではない感じ。

評価85点

拍手

PR
Copyright (C) 2002 2013 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved. 当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。 無断コピー等は禁止です
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール

名前 たけまる
 
出身地 ウィンダス港 
住所 カーバンクルサーバー 
  				
FFめにゅ-



ヴァナディール漫遊記
ストンガ通信 

BCNM@ちーむストンガ
花鳥風月
ち~むストンガあほあほ列伝
アビセア漫遊紀
ダメイジャンの試練
ヴァナディール世界紀行
アサルト見聞録
みっしょんとくえすと
ヴァナディール百景

カルチョ
最新コメント
[10/28 もぐ]
[10/28 もぐ]
[05/24 もげ]
[04/22 おまえのうんこは血便だ]
[01/08 うんこなげ]
[01/08 たけまる]
[01/08 おまる]
[01/08 つれうんこ]
[01/08 うんこやろう]
[06/29 高須]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 8
9 10 12 13 14 15
16 17 19 21 22
23 24 25 27 28 29
30 31
最新TB
カウンター
バーコード
アクセス解析
------------------------------------------------------------
忍者ブログ [PR]