たけまる通信 召喚PTノススメ【ル・オンの庭編】 忍者ブログ
[243]  [242]  [236]  [232]  [231]  [230]  [233]  [229]  [228]  [227]  [226
PRESENT ザ・召喚PTノススメ第3回【ル・オンの庭編】

実践編第1弾【ル・オンの庭編】
狙うは、ル・オンの庭にいる壷「Sprinkler」レベル73~76
特徴としては、被魔法ダメージ-50%、弱点格闘属性
                          ここ重要

この弱点があるため、召喚獣主体の攻撃が効くのです。

構成は、召喚x6、もしくは召喚x5+詩(赤)←理解がある人限定w
召喚X6の時は、一人サポ詩人が出来る人がいるといいでしょう。
レベル65から68くらいまでここで行けますが、
出来れば65~67の6人だと相当稼げます。
68でもうまいですが、68以上多めに集められたら、
ル・アビタウ神殿のほうへ行くとさらに稼げます。(第4回予定)
なお、68以上、70以上で、6人揃う前に沸き待ちしながら、
3~4人でまったり狩りながら6人揃うまで稼ぐのも、お奨めです。

キャンプ地は、下記の地図の赤丸のとこがお勧めです。


出す召喚獣は、レベル70未満なので、「フェンリル」で、履行は「エクリプスバイト」
大体平均してダメージは500~600ちょっと位です。
クリティカルが乗れば、1000オーバーもありますが、
すかって外すこともあります、それは運しだいです。
600x6、2回ほどエクリプスバイトすれば壷は沈むので、
倒したら速やかに集結して、バラードを聞きましょう。

も1つ、大切なのは、間違っても戦闘中は、壷に近寄ってはいけません。
範囲攻撃神秘の光、スピンアタックや魔法の系などで大変危険です。
履行する際に近寄って喰らうこともあるので、
ブリンクストンスキン(鎧や大地)を忘れずに常に掛けておきましょう。

第2回でも書きましたが、釣り役しだいで稼ぎが変わります。
1~3ちぇーん目はゆっくりMP全快しても問題なく繋がるはずです。
4,5ちぇーんは即釣りで5まで繋げて、また全快までヒーリングして、
1に戻る感じです。
釣り役は、1~3の時に、近いとこにいる全部の敵の強さを確認して、
1~3の敵を階段下等の遠いとこから釣ってきて、MP回復の繋ぎにします。
基本的に「とてとて」と「とて」の強さの壷がいるはずなので、
近場の「とてとて」は、4~5に取っておく感じだとさらに稼げます。
これで毎回5ちぇーん200オーバー、時給4000は行きます。
PTトップのレベル次第、釣りなどのやり方次第では4000以上
楽々稼げるのも、まったく不思議ではありません。
しかも、ケアルしなくていいんです!
普通のPTでは考えられない位楽で楽しいんです!

習うより慣れろ!最初は誰でも初心者。
我々はケアル士ではないぞ!

これを合言葉に召喚集めて、さあ空へ!



なお釣り役の召喚獣は、
1~3まではカーバンクルで、4~5がフェンリルがいい感じでした~


(この記事はプロマシアが発売になる前の2003~2004年のことを2006年03月11日に書いたものです)

拍手

PR
Copyright (C) 2002 2013 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved. 当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。 無断コピー等は禁止です
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール

名前 たけまる
 
出身地 ウィンダス港 
住所 カーバンクルサーバー 
  				
FFめにゅ-



ヴァナディール漫遊記
ストンガ通信 

BCNM@ちーむストンガ
花鳥風月
ち~むストンガあほあほ列伝
アビセア漫遊紀
ダメイジャンの試練
ヴァナディール世界紀行
アサルト見聞録
みっしょんとくえすと
ヴァナディール百景

カルチョ
最新コメント
[10/28 もぐ]
[10/28 もぐ]
[05/24 もげ]
[04/22 おまえのうんこは血便だ]
[01/08 うんこなげ]
[01/08 たけまる]
[01/08 おまる]
[01/08 つれうんこ]
[01/08 うんこやろう]
[06/29 高須]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1
6 7 8 9 11 12
14 15 16 17 18
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新TB
カウンター
バーコード
アクセス解析
------------------------------------------------------------
忍者ブログ [PR]