たけまる通信 藤田元司氏 忍者ブログ
[248]  [84]  [247]  [246]  [245]  [329]  [244]  [309]  [131]  [241]  [306
藤田元監督といえば、
1981年~1983年と1989年~1992年の2期7年の監督を務め、
4回のリーグ優勝の2回の日本一を成し遂げた名将だった。
その采配は藤田マジックと呼ばれるほど鮮やかだった。
最初の1期目は、長嶋が解任された翌年だった。
伊東キャンプで育てた選手が育ってきた矢先の解任だったため、
巨人ファンの怒りの矛先のすべてが藤田さんに行ったのに、
それを跳ね除け、長嶋の育てた選手を上手く使って就任1年目で日本一の快挙を成し遂げた。

2期目は、結果が出せなかった王の後を受けた。
王の采配は、選手起用が偏りがちだったのを、
藤田は、調子が良いものを最優先し、守備を前面に押し出した采配で
又も1年目に日本一に輝いた。

選手起用は的を得て、
ノミの心臓と言われ、どんな好投をしても信頼されずに伸び悩んでいた
後の大エース斎藤雅樹をこの年に見事なエースに育て、
20勝、そして11連続完投勝利の日本記録を塗り替えるなどの大躍進させた。
安定感が無かった槙原も、先発として一本立ちさせ、
斎藤、槙原、桑田と、この後10年投手陣の核となった3本柱を確立したのも、
藤田さんだった。

2年目のシーズンでは、ファームで期待の星だった緒方を
まだ早いの声を押し切り、1軍で起用したが、
春先の甲子園で、勝負どころでエラーをした緒方を、
普通ならそのままベンチに引っ込めるところを、
次の回、打順が回ってくるまで交代させずに、
送りバントをきっちり成功させてから交代させるなど、
決して選手を潰すような采配は振るわなかったのも記憶に鮮やかに残っている。

アキレス腱といわれた捕手とショートには、
西武の2軍でくすぶってるデーブ大久保をトレードで獲得し、
すぐさま起用し、しかも自由にやらせ、
野球に飢えていたデーブは打撃にリードに大活躍した。
ナベツネより、活躍が認められ数千万のボーナスが出たほど。

また、ショートには、岡崎や鴻野やライバルがひしめいていたが、
安定した守備とつなぎ役としての川相が2番を任され、
その後犠打の世界記録を作るほどのチームの要となった

2期目の後半は、体調が思わしくなかったが、
球団の強い続投要請に押し切られ続投するも、
情熱を失って結果が出せずに長嶋とバトンタッチしたが、
G党は、あの素晴らしかった1989年と1990年の2連覇を決して忘れてない!

藤田元司元監督、心より冥福をお祈りします 。

拍手

PR
Copyright (C) 2002 2013 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved. 当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。 無断コピー等は禁止です
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール

名前 たけまる
 
出身地 ウィンダス港 
住所 カーバンクルサーバー 
  				
FFめにゅ-



ヴァナディール漫遊記
ストンガ通信 

BCNM@ちーむストンガ
花鳥風月
ち~むストンガあほあほ列伝
アビセア漫遊紀
ダメイジャンの試練
ヴァナディール世界紀行
アサルト見聞録
みっしょんとくえすと
ヴァナディール百景

カルチョ
最新コメント
[10/28 もぐ]
[10/28 もぐ]
[05/24 もげ]
[04/22 おまえのうんこは血便だ]
[01/08 うんこなげ]
[01/08 たけまる]
[01/08 おまる]
[01/08 つれうんこ]
[01/08 うんこやろう]
[06/29 高須]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 8
9 10 12 13 14 15
16 17 19 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新TB
カウンター
バーコード
アクセス解析
------------------------------------------------------------
忍者ブログ [PR]