たけまる通信 ストンガあほあほ列伝~さたんとMB~ 忍者ブログ
[516]  [548]  [579]  [578]  [547]  [546]  [545]  [577]  [576]  [565]  [564
現在のPTの主流は、連携をしないで単発でWSを撃つだけ。

実につまらない狩りのやり方が流行ってしまったが、

かつては連携をして黒魔を入れてMBするのが主流だった頃のお話。

時は2004年。

弱体しすぎたと思ったのか、バ開発は黒魔の精霊魔法4系とガ3系を強くしました。

その結果PTに不可欠なのが黒魔でした。

さたんは、60キャップからジラートが発売されレベルキャップを引き上げられた時に黒魔を真っ先に上げることにしたようです。

たけまるさんは戦士を上げており、丁度さたんとレベルが同じような所になったときに組んで75まで上げました。

精霊魔法で強いのが氷と雷。

それらの4系魔法が使えるようになるのがレベル70代。

アトルガンが出るまではこのレベル帯の狩場が少なく、苦労したもんです。

ネクスト経験値も緩和前で69から70になるのに4万も必要でした。

そのためには強い敵を倒すというのがこの頃は普通で、

更に強い敵相手に連携とMBは必需品でした。
(アトルガンが出て、経験値ボーナスだとかのせいで連携が廃れました)

MBで1000を越すダメージをたたき出せる樽黒ならではで、さたんは常にMBでガ3系を狙ってましたw


トゥーリアの宿座前の階段でゴーレム狩りをしていたSSです。

TPの貯まる関係と、倒す直前での連携だとオーバーキルもあるので、

連携はゴーレムのHPが4分の1くらい減ったときにたけまるさんの合図でやってました。

た~だ~~し~~~w

MBでとどめをさせないので、強烈過ぎるMBのダメージでターゲットはもちろんさたんにw

挑発程度ではもちろん剥がせませんw

散々逃げてる間に後ろから殴ったりしてゴーレムを倒しましたw

さたん「たけまる~もちょっとHP減ってから連携頼むw」

たけまる「おkw」


おkと言ったものの、その気はさらさら無いLSマスターたけまるさんw

次戦での連携開始は釣ってすぐ開始w

さたん「連携早えぇえぇえぇぇw」

たけまる「すまんTP貯まってたからw」


期待に答えるようにMBでブリザガ3を撃つさたんw

そして再び逃げ惑うさたんw

さたん「たけまる剥がせえよぉぉぉぉぉ!!」

HPは一杯ある状態でのMBで剥がせるわけも無く、

狩場を縦横無尽に走るさたんの姿はPT終了まで続きましたw


こんな狩りを連日してました。


ランペールの墓での骨、おばけ狩りでもw

さらにクフタルでの虎、コカトリス狩りでもw

毎回逃げ惑うさたんに爆笑するたけまるさんw

あるときは、もげたんもPTに混ざったり。

MBを撃って逃げ回るさたんを見てもげたんが一言!

もげたん「面白すぎるww腹いてぇ~w」

この時にいかに攻撃を受けないように逃げるかを学習したさたんは、

後に色々なコンテンツでマラソン役の上手さが光るようになっていましたw

さたん「マラソン役は任せろw」

拍手

PR
Copyright (C) 2002 2013 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved. 当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。 無断コピー等は禁止です
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール

名前 たけまる
 
出身地 ウィンダス港 
住所 カーバンクルサーバー 
  				
FFめにゅ-



ヴァナディール漫遊記
ストンガ通信 

BCNM@ちーむストンガ
花鳥風月
ち~むストンガあほあほ列伝
アビセア漫遊紀
ダメイジャンの試練
ヴァナディール世界紀行
アサルト見聞録
みっしょんとくえすと
ヴァナディール百景

カルチョ
最新コメント
[10/28 もぐ]
[10/28 もぐ]
[05/24 もげ]
[04/22 おまえのうんこは血便だ]
[01/08 うんこなげ]
[01/08 たけまる]
[01/08 おまる]
[01/08 つれうんこ]
[01/08 うんこやろう]
[06/29 高須]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 8
9 10 12 13 14 15
16 17 19 21 22
23 24 25 27 28 29
30 31
最新TB
カウンター
バーコード
アクセス解析
------------------------------------------------------------
忍者ブログ [PR]