たけまる通信 ラグビーワールドカップ 日本vsカナダ 忍者ブログ
[492]  [367]  [491]  [490]  [489]  [94]  [93]  [92]  [140]  [194]  [193
■■■

過去の対戦成績9勝8敗と勝ち越してる対カナダ戦。
普通にやれば何とかなりそうだったが、
このTV観戦で見る限りとても普通のプレーが少なかった。

まず、HB団の出来が悪すぎる。
SOロビンスは急増SOらしいが、他に人材が居なかったのだろうか。
SO候補が相次いで怪我らしいが、それにしてもまったく司令塔の役割をしてなかった。
SH吉田のテンポも相変わらず良くない。
後半交代で入った金になってから、多少BKラインが動き始めて最後のトライに結びついた感じ。
そのBKラインは、タックルできる選手は居たが、パスが出来る選手が見当たらなかった。
FWは、一見五分の戦いだが、プレッシャーは遥かに日本が受けていた。
それでも数十年前の日本が受けてたプレッシャーに比べれば、
何とかなる次元だが、そういうプレッシャーを受けながらボールを捌ける選手が居なかったのも痛い。

SOロビンスを始め、キックミスで後半陣地を取れなかったのが、逆転に許したことに繋がった。
ロスタイムに交代で入ったCTB平のトライと大西のゴールキックで何とか同点に追いつき、
引き分けに持ち込んだが、内容的にはもう1つだった。

プレッシャーを受けながらボールを動かせるSHとSO。
1つのパスでチャンスを作れるCTB。
これらの育成が急務と言えるジャパンのような気がした。

少なくとも、入部数日で、練習のつらさに逃げ出したくせにOB面してる、
元総理(?)の森喜朗なんてのが会長になってるようじゃ、
ラグビー協会のお先は真っ暗。
本気で強いチームを作りたければ、
ただ肩書が欲しい森と政治とのつながりでワールドパック開催国を狙うようなやり方の協会の改革が先だろう。



  日本   カナダ         
     1T0          
     0G0           
     0P0          
   ーーーーーーー         
     5前0         
  ーーーーーーーーー        
     1T2           
     1G1           
     0P0          
   ------         
     7後12         
  _________       
    12ー12  




最後に日本TV!!!
録画放送とは言え、最後に同点に追いついたトライシーンが省略されてるのはどういうわけよ?
こういうことするなら放送権はNHKにゆずれ!
つーか、NHK!!
高い受信料取ってるんだからBSでもいいからきちんと放送しろ!!
ワールドカップだぞ???

@すべての日本戦を実況したNTVの鈴○アナ!
へたすぎる、、、、、、、、、
スポーツアナに向いてないよ、、、、、、
だからNHKの斎藤アナ辺りにきちんとと実況して欲しかったよ、、、、、

拍手

PR
Copyright (C) 2002 2013 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved. 当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。 無断コピー等は禁止です
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール

名前 たけまる
 
出身地 ウィンダス港 
住所 カーバンクルサーバー 
  				
FFめにゅ-



ヴァナディール漫遊記
ストンガ通信 

BCNM@ちーむストンガ
花鳥風月
ち~むストンガあほあほ列伝
アビセア漫遊紀
ダメイジャンの試練
ヴァナディール世界紀行
アサルト見聞録
みっしょんとくえすと
ヴァナディール百景

カルチョ
最新コメント
[10/28 もぐ]
[10/28 もぐ]
[05/24 もげ]
[04/22 おまえのうんこは血便だ]
[01/08 うんこなげ]
[01/08 たけまる]
[01/08 おまる]
[01/08 つれうんこ]
[01/08 うんこやろう]
[06/29 高須]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 8 10 11
12 13 14 15 16
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新TB
カウンター
バーコード
アクセス解析
------------------------------------------------------------
忍者ブログ [PR]